2006年05月27日

シラー「ペルビアナ」

5/22 越谷市内にて撮影
カメラ=A200

PICT3645.jpg

原産地は地中海沿岸・地下茎部分が有毒で、名前の Scilla はギリシャ語の「skyllo(有害)」が語源との事

PICT3646.jpg

PICT3639.jpg

PICT3640.jpg

PICT3643.jpg

PICT3644.jpg
posted by tsuduura at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 花の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シラー 有害と言う言葉なんですね。
一つ賢くなりました。
A200は、晴れた日のカメラなんですね。
携帯性とバリアングルは、申し分ないのですが。
Posted by notogadaisuki at 2006年06月19日 19:54
はじめて見る花です。
青と紫のコンビネーションがいいですね!
この色再現はA200ならではですかね。
毒々しいけどキレイ、美人の魔女をイメージしました。
Posted by 迷いトンボ at 2006年06月19日 21:29
こんばんは。なんというか派手なんだけど、ケバくはない。さすが地中海原産です。(謎
写の方は最後から2枚目がいいですね。こういう後ボケの撮り方好きです。
Posted by デルソル at 2006年06月19日 23:13
>notogadaisukiさん
普段ISOオートに設定してありますが、日中の明るいところならまずノイジーになる事はありません。
携帯性とバリアングルがこのカメラの強力な武器です。

>迷いトンボさん
コントラストを上げてBレベルも強めてありますです(^ ^;
魔女のイメージですか? 解る様な気がします。(笑)

>デルソルさん
はははっ、やはり地中海原産ですからねー !! (笑)
絞り画角とも同じでも背景の距離によってこれだけボケ方に違いが出るものなんですね。
Posted by tsuduura at 2006年06月20日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。