2006年05月31日

聖天宮

5/28 坂戸市内で撮影
カメラ=EOS 20D + TAMRON SP AF 28-105/2.8 LD Aspherical IF (276D)

IMG_1554.jpg
 
これは埼玉県坂戸市の郊外に建てられた道教寺院です。
横浜の中華街にある關帝廟も凄かったがこの聖天宮も負けていない。
何故廻りに畑しかないこの地に建設されたのか理解に苦しむが、前から気になっていたので撮影してみた。

六本の柱で支えられている天門
天界の宮殿「聖天宮」に入る天界への門で、中央の三つの門は神様が通り、人間は両側からの出入りになる
IMG_1553.jpg

IMG_1560.jpg


前殿
IMG_1567.jpg

九龍柱
IMG_1570.jpg


鼓楼
IMG_1565.jpg

IMG_1572.jpg


回廊
IMG_1573.jpg

IMG_1588.jpg


本殿
IMG_1579.jpg

IMG_1582.jpg



着工昭和56年、完成平成7年で実に14年の歳月と多額の建設費が掛かっているそうです。

因みにペンタックスユーザーの方はsmc PENTAX DA 16-45mmF4ED AL の作例として採り上げられているので、見た事があるのではなかろうか?



これでやっと5月分の写が全て載せ終わりました(^ ^;
【関連する記事】
posted by tsuduura at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 建物の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
道教寺院 聖天宮は、華僑の寺院ですか。
派手な色使いですね。
流石にTAMRON SP AF 28-105/2.8ですね。
拡大しても綺麗です。
難しい被写体ですね。特徴が有りすぎてかえって迷います。上手く捕えています。

神戸にも華僑の寺院が、有ります。
近くに行く時に寄ってみます。
Posted by notogadaisuki at 2006年06月21日 23:20
こんばんは。
凄い建物ですね。これが畑の真中に立っているとは、驚きです。これだけ派手になるとどこを撮っていいのか悩みそうですが、3,5,7枚目と見せたいものがちゃんと分かる撮り方。さすがですね。
Posted by デルソル at 2006年06月22日 00:52
こ、こ、これはまた派手な。
思わず笑ってしまうくらい派手ですね。。
最後のモノトーンとカラフルな組み合わせがいいですよね・・。
Posted by エディ at 2006年06月22日 13:03
notogadaisukiさん
派手でしたよー、ここだけ別世界の様です。
本当に何処を撮っても絵になりそうで目移りしました。

神戸の寺院、楽しみにしています(^ ^)/

デルソルさん
いやいや、周りから浮き捲っています本当に !!
何処をどう撮ったらよいものかかなり悩みました(^ ^;

エディさん
これが中国の山の中にでもあれば違和感もないのでしょうが、何せ埼玉の平野部ですからねー(^ ^;
一つ一つのパーツは本国で加工された本場物を使ってあるそうでして、どれも綺麗だし精巧で良い被写体です。
Posted by tsuduura at 2006年06月22日 20:04
これはまた異国臭プンプンたる寺院ですね。
どこんも人影が見当たりませんが、出入り自由なのでしょうか。
パーツはすべて本国からというだけあって
精巧で豪華絢爛とした立派な寺院です。
なぜこんなところに??? といっても理由があるのでしょう。
Posted by osanpophotos2 at 2006年06月22日 22:20
osanpophotosさん
ここは拝観料等は徴収していません。その代わりお賽銭を\200-くらい入れて下さいとの事でした。
時間制限はありますが出入り自由です。
これだけの施設なのに参拝者は疎らで空いていました。
少し待っていれば視界に入らなくなるチャンスはいくらでもありました。
Posted by tsuduura at 2006年06月23日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19623645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。