2006年06月04日

庭石菖 (にわぜきしょう)

6/4 撮影
EOS 20D + SIGMA 70-300/4-5.6 DL MACRO

IMG_1696.jpg


文目(あやめ)科・別名「南京文目」(なんきんあやめ)
北アメリカ原産 1890年頃に渡来
開花時期 6/1頃〜6/末頃
葉が石菖(せきしょう)というサトイモ科の植物に似ていて、また、庭によく生えるところから、庭石菖の名になった
直径 5 ミリメートルくらいの小さな6弁の花をつける。色は白か紅紫
 
IMG_1697.jpg

IMG_1698.jpg

PICT3684.jpg

PICT3686.jpg


最後の二枚は別の日にA200にて撮影
posted by tsuduura at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 花の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
比べるとやっぱり20Dが、綺麗です。
本体とレンズ勉強になります。

Posted by notogadaisuki at 2006年06月26日 22:55
こんばんは。
これも初めての花ですが、蕾はソフトですね(笑

背景の処理は一眼の方が楽ですが、最後の写のように深度を生かした撮り方はA200の方が楽そうです。
使い分けができるようになりたいです。
Posted by デルソル at 2006年06月26日 23:28
こんばんは。
久しぶりにお邪魔してみたら、花がいっぱいですね!
このままだとちょっとした花図鑑が出来そうですね。
Posted by デジカメラ at 2006年06月27日 00:06
ニワゼキショウってこのシャープな花弁の感じがすごく好きです。
なんていうか小さいんですけど花って感じがして。
Posted by しなしな at 2006年06月27日 09:20
notogadaisukiさん
レンズによって世界が変わるのが一眼の醍醐味です。
故に本体よりレンズの良し悪しや入手のし易さ、このレンズを使いたい、と思うメーカーに決めるのが良いかも知れません。


デルソルさん
はい、白と紫のミックスソフトでした(^ ^)/
A200のテレ端マクロでも結構ボケるのですが、300mmには負けました。
最後のは逆にワイ端マクロです。もう少し近付ければ言うこと無しなんですけどねぇ〜・・・(^ ^:


デジカメラさん
はははっ、はい、花図鑑でも目指そうかと思っています。
蛍拝見しましたよぉー、沢山いたんですね !!


しなしなさん
オオイヌノフグリと同じくらいの大きさでしょうかねぇ〜。
ちょっと見落としてしまいそうな花でした。
Posted by tsuduura at 2006年06月28日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。