2006年08月05日

上尾花火大会・Part 2

あげお花火大会の第二弾です。
前回同様の露光中フォーカス可変物ですが正・逆両方を載せてみます。

IMG_3128.jpg
 
 
IMG_3080.jpg

IMG_3100.jpg

IMG_3078.jpg

IMG_3081.jpg

IMG_3115.jpg

IMG_3141.jpg

IMG_3166.jpg

IMG_3178.jpg

IMG_3169.jpg

IMG_3170.jpg

IMG_3196.jpg

タグ:花火
posted by tsuduura at 23:50| Comment(4) | 花火の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん。
こちらもキレイかつ楽しい〜

みんないいですが、この中だと下から2枚目が孔雀の羽みたいでいいですねー

私はこんなお遊びする余裕すらありませんでした。
来年こそは〜!
Posted by エディ at 2006年08月16日 12:50
エディさん
沢山コメントありがとうございます(^ ^)/
来年と言わずに今年の内に是非 !!
普通の撮り方は十分習熟されているように拝見しました。結構余裕で撮っていたんじゃありませんか?
露光中にフォーカスを可変しているだけですが、出来上がった写を見るのは楽しいですよぉ〜。
Posted by tsuduura at 2006年08月16日 19:36
こんばんは。今回も素晴らしいアートです。
正バージョン(?)では3枚目がいいですね。別々に撮った画像を合成したような感じもしますし、面白いです。
逆バージョンではエディさんと同じ下から2枚目ですね。緑の光跡が孔雀の羽を思わせます。

ちなみにしっかりした三脚ってどんなレベルですか?
Posted by デルソル at 2006年08月16日 20:46
デルソルさん、こんばんは(^-^)/
下から2枚目、好評ですねぇ〜。緑だから孔雀の羽を連想するのかな?
最初見たときは「おたまじゃくし」とか「人魂」や「精 」に見えたのは私だけでしょうか(^ ^;

三脚ですが、自重が2s以上くらいある物が良いのではないでしょうか? 重りをぶら下げても可ですが、足の径が細いのはダメでしょうねぇ。
私はスチール製三脚のManfrotto 055CB にマグネシゥム雲台のVelbon PHD-51Q を付けて使用しています。
合わせて3sオーバーになりますがかなりガッシリしています。
エレベーターを伸ばさず、足も全て出さないで低く構える事もカメラブレ軽減に役立つと思います。
Posted by tsuduura at 2006年08月16日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。